2017年06月24日

Rugby World Cup 1991 play back

The 2nd. rugby world cup was done at England and home union(Wales, Scotland and Ireland) by IRB(International Rugby Boad; Current name World Rugby) in 1991.
第二回のラグビー・ワールドカップは国際ラグビー評議会主催となり開催されました。イングランドが中心で英国の四ヵ国(ウェールズ、スコットランド、アイルランド)で開催しました。
England UK.jpg

16 team was entry by 1st. rugby world cup result and elimination, the first stage played game divided 4pool, the knock down tournament by top of two team in each pool in 1st. rugby world cup in 1991.
第二回ラグビー・ワールドカップの参加国は、前回第一回大会の成績と予選を行い、十六カ国が出場しました。四つのプールに分かれて一次リーグ戦を行い、各プールの上位ニチームによる決勝トーナメントが行われました。
UK.jpg
Australia Wallabies was 2nd. champion of the rugby world cup, they have high speed running backs players with David Campese WTB who has goose step and changing of pace these are new technique for getting try, they stopped John Kirwan with New Zealand All Blacks.

グース・ステップ、チェンジ・オブ・ペースと新しい技の華麗な走りで魅了するディビット・キャンピージを擁するオーストラリア、ワラビーズが高速バックスの得点力で宿敵のニュージーランドを抑えて二代目王者となりました。
Pool A: New Zealand, England, Italy and USA
Pool B: Scotland, Ireland, Japan and Zimbabwe
Pool C: Australia, Samoa, Wales and Argentina
Pool D: France, Canada, Romania and Fiji

Knock down tournament
Scotland 28- 6 Samoa,
England 19-10 France,
Australia 19-18 Ireland,
New Zealand 29-13 Canada

Semifinal
England 9- 6 Scotland,
Australia 16- 6 New Zealand

Bronze final
New Zealand 13- 6 Scotland
1991 RWC.jpg
Final
Australia 12- 6 England

RWC1991logo.jpg

プールA:ニュージーランド、イングランド、イタリア、アメリカ
プールB:スコットランド、アイルランド、日本、ジンバブエ
プールC:オーストラリア、サモア、ウェールズ、アルゼンチン
プールD:フランス、カナダ、ルーマニア、フィジー

決勝トーナメント
スコットランド 28- 6 サモア、
イングランド 19-10 フランス、
オーストラリア 19-18 アイルランド
ニュージーランド 29-13 カナダ

準決勝
イングランド 9- 6 スコットランド
オーストラリア 16- 6 ニュージーランド

三位決定戦
ニュージーランド 13- 6 スコットランド

決勝
オーストラリア 12- 6 イングランド
1991 RWC 1.jpg
1991/10/3~1991/11/2

Guests: 1,007,760 people (31,493 people/game)
The player of most point get: Ralph Keith(IR) 68 points
The player of most try get: Jean-Baptiste Lafond(FR), David Campese(AU) 6 tries

観客動員数:1,007,760人(1試合平均31,493人)
最多得点:ラルフ・キース(アイルランド)、68点、
最多トライ:ジャンバティスト・ラフォン(フランス)、6トライ、
デイヴィッド・キャンピージ(オーストラリア)、6トライ

About Japan
Head Coach: Hiroaki Shukuzawa(Sumitomo Bank),
Captain: Seiji Hirao(Kobe Steel),
Pool B:
loss 9-47 Scotland,
loss 16-32 Ireland,
won 52-18 Zimbabwe
Japan won first time in rugby world cup but 2losses


日本代表
宿澤広朗監督(住友銀行)、
平尾誠二キャプテン(神戸製鋼)
プールB:
● 9-47 スコットランド、
● 16-32 アイルランド、
〇 52-18 ジンバブエ
で初勝利をあげましたが二敗。


Play back
1987
1995
1999
2003
2007
2011
2015

➜Go to 2019
posted by RWC2019 at 16:56| Comment(0) | PLAY BACK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rugby World Cup 1987 play back

The 1st. Rugby World Cup was New Zealand and Australia.
第一回のラグビー・ワールドカップはニュージーランドとオーストラリアの二カ国での開催でした。
Australia and New Zealand.jpg

It started in 1987, before started two type opinion having about rugby world cup, the one of opinion is to decide No.1 team in the world by New Zealand and Australia, the other The opinion is amateurism runs out and change to professional-ization by home union.
世界一を決めたいニュージーランド、オーストラリアの南半球とプロ化を懸念しアマチュアリズムを重んじていた英国勢が反対し対立していましたが、1987年に第一回目が開催されました。
AU and NZ.jpg
Australia.jpgNZ Flag.jpg
The target was changed, all of countries target is rugby world cup. The 16 team entried, the first stage played game divided 4pool, the knock down tournament by top of two team in each pool in 1st. rugby world cup in 1987.
ワールドカップが開催されたことにより、ラグビーはワールドカップを中心に動く様になりました。第一回ラグビー・ワールドカップの参加国は、それまでの実績から十六カ国が招待されて四つのプールに分かれて一次リーグ戦を行い、各プールの上位ニチームによる決勝トーナメントが行われました。

The 1st. champion of the rugby world cup is New Zealand All Blacks, they was very strong not compared with other team, it was sensational debut John Kawan who was New Zealand All Blacks wing, he has fast running and giant 190cm high. I was surprised it unbelievable.

一次リーグ戦で190cmの巨漢ウイング、ジョン・カーワンを擁するニュージーランド、オール・ブラックスが圧倒的な強さで初代王者となりました。異次元の強さに度肝を抜かされました。

Pool A: Australia, England, USA and Japan
Pool B: Wales, Ireland, Canada and Tonga
Pool C: New Zealand, Fiji, Italy and Argentina
Pool D: France, Scotland, Romania and Zimbabwe

Knock out tournament
New Zealand 30- 3 Scotland,
Wales 16- 3 England,
France 31- 6 Fiji,
Australia 33-15 Ireland

Semifinal
New Zealand 49- 6 Wales,
France 30-24 Australia
australia-france-rugby-1987.jpg
Bronze final
Wales 22-21 Australia

Final
New Zealand 29- 9 France

RWC1987logo.svg.png

プールA:オーストラリア、イングランド、アメリカ、日本
プールB:ウェールズ、アイルランド、カナダ、トンガ
プールC:ニュージーランド、フィジー、イタリア、アルゼンチン
プールD:フランス、スコットランド、ルーマニア、ジンバブエ

決勝トーナメント
ニュージーランド 30- 3 スコットランド、
ウェールズ 16- 3 イングランド、
フランス 31- 6 フィジー
オーストラリア 33-15 アイルランド

準決勝
ニュージーランド 49- 6 ウェールズ
フランス 30-24 オーストラリア

三位決定戦
ウェールズ 22-21 オーストラリア

決勝
ニュージーランド 29- 9 フランス
RWC1987.jpg
1987/5/20~1987/6/20

Guest: 604,500 people(18,891 people/game)
The player of most point get: Grant Fox(NZ), 126 points
The player of most try get: Craig Green(NZ) and John Kirwan(NZ), 6 tries

観客数:604,500人(1試合平均18,891人)
最多得点:グラント・フォックス(ニュージーランド)、126点
最多トライ:クレイグ・グリーン(ニュージーランド)、6トライ、
ジョン・カーワン(ニュージーランド)、6トライ
John Kirwan.jpg
About Japan
Head Coach: Katsumi Miyaji(Sanyo head coach)
Toshiyuki Hayashi(Kobe steel)
Pool A:
loss 19-21 USA,
loss 7-60 England,
loss 23-42 Australia
3 losses.
日本代表
宮地克実監督(元三洋電機監督)、
林敏之キャプテン(神戸製鋼)
プールA:
●18-21 アメリカ、
● 7-60 イングランド、
●23-42 オーストラリア
の三敗でした。

Play back
1991
1995
1999
2003
2007
2011
2015

➜Go to 2019
posted by RWC2019 at 16:55| Comment(0) | PLAY BACK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする