2017年06月24日

Rugby World Cup 2007 play back

The 6th. rugby world cup played at France with Wales and Scotland.
第六回のラグビー・ワールドカップラグビーはフランスで開催されました。ウェールズ、スコットランドでも数試合行いました。
France map.jpg

20 team was entry by 5th. rugby world cup result and elimination, the first stage played game divided 4pool, the knock down tournament by top of two team in each pool in 6th. rugby world cup in 2007.
第六回ラグビー・ワールドカップは、前回第五回大会の成績と予選を行い、二十カ国が出場しました。四つのプールに分かれて一次リーグ戦を行い、各プールの上位二チームによる決勝トーナメントが行われました。
France.jpg
South Africa was twice champion won defending champion England by fast runner Bryan Habana WTB and hard defense. Any team could get try difficult by completed defense technique, After this tournament, the rule changed about backs offside line.
史上初の連覇を狙うイングランドが順調に勝ち進みましたが、速いバックスの代名詞とも言うべきのウイング、ブライアン・ハバナの活躍で躍進する堅い守りの南アフリカに阻まれます。ディフェンス技術が成熟してトライがなかなか取れなくなり、今大会の後からバックスのオフサイド・ラインが変更されました。

Pool A: South Africa, England, Tonga, Samoa and USA
Pool B: Australia, Fiji, Wales, Japan and Canada
Pool C: New Zealand, Scotland, Italy, Romania and Portgal
Pool D: Argentina, France, Ireland, Georgia and Namibia

Knockdown tournament
England 12-10 Australia
France 20-18 New Zealand
South Africa 37-20 Fiji
Argentina 19-13 Scotland

Semifinal
England 14- 9 France
South Africa 37-13 Argentina

Bronze final
Argentina 34-10 France

Final
South Africa 15- 6 England

RWC2007logo.jpg

プールA:南アフリカ、イングランド、トンガ、サモア、アメリカ
プールB:オーストラリア、フィジー、ウェールズ、日本、カナダ
プールC:ニュージーランド、スコットランド、イタリア、ルーマニア、ポルトガル
プールD:アルゼンチン、フランス、アイルランド、ジョージア、ナミビア

決勝トーナメント
イングランド 12-10 オーストラリア
フランス 20-18 ニュージーランド
南アフリカ 37-20 フィジー
アルゼンチン 19-13 スコットランド

準決勝
イングランド 14- 9 フランス
南アフリカ 37-13 アルゼンチン

三位決定戦
アルゼンチン 34-10 フランス

決勝
南アフリカ 15- 6 イングランド

2007/ 9/ 7~2007/10/20

Guests: 2,263,223 people(47,150 people/game)
The most of point get player: Percy Montgomery (SA), 105 points
The most of try get player: Bryan Habana(SA), 8 tries
観客数:2,263,223人(1試合平均47,150人)
最多得点:パーシー・モンゴメリ(南アフリカ)105点
最多トライ:ブライアン・ハバナ(南アフリカ)、8トライ
2007 RWC.jpg
About Japan
Head Coach: John Kirwan(New Zealand All Blacks, NEC)
Captain: Takuro Miuchi(NEC)
Pool B:
Loss 3-91 Australia,
Loss 31-35 Fiji,
Loss 18-72 Wales,
Draw 12-12 Canada
It stop the loss game in the rugby world cup but Japan could not reach target that is won without Australia, Shotaro Ohnishi CTB completed goal kick to draw against Canada on just before noside at last game in this world cup.

日本代表
ジョン・カーワン ヘッド・コーチ(元ニュージランド代表、元NEC)、
箕内拓郎キャプテン(元NEC)
プールB:
● 3-91 オーストラリア、
● 31-35 フィジー、
● 18-72 ウェールズ、
△ 12-12 カナダ
連敗記録が止まりました。オーストラリア以外に勝つ目標は達成出来なかった。カナダ戦はノーサイド直前にトライを決め、難しい角度のゴールを大西将太朗が見事に決めて同点に追いつきました。


Play back
1987
1991
1995
1999
2003
2011
2015

➜Go to 2019

スポンサーリンク



posted by RWC2019 at 16:59| Comment(0) | PLAY BACK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください