2017年06月24日

Rugby World Cup 2003 play back

The 5th. rugby world cup played at Australia.
第五回のラグビー・ワールドカップラグビーはオーストラリアで開催されました。
Australia map.jpg

20 team was entry by 4th. rugby world cup result and elimination, the first stage played game divided 4pool, the knock down tournament by top of two team in each pool in 5th. rugby world cup in 2003.
第五回ラグビー・ワールドカップは、前回第四回大会の成績と予選を行い、二十カ国が出場しました。四つのプールに分かれて一次リーグ戦を行い、各プールの上位二チームによる決勝トーナメントが行われました。
Wallabies-Logo.png
England was champion of the rugby world cup, first champion team is in northern hemisphere. Johny Wilkinson fly half leaded England by correctly kick and game making. He is origin of style Ayume Goromaru who is majour by 8th. rugby world cup in 2015, kicking routine pose.
正確なキックとゲーム・メークでチームを牽引したフライ・ハーフのジョニー・ウィルキンソンの大活躍でラグビー発祥の地、イングランドが第五回目にして初の王者となりました。ジョニー・ウィルキンソンは、第八回ラグビー・ワールドカップ2015で大活躍した日本代表の五郎丸歩が憧れてルーティンの基となったプレーヤーです。
Jonny Wilkinson.jpg
Pool A: Australia, Ireland, Argentina, Romania and Namibia
Pool B: France, Scotland, Fiji, USA and Japan
Pool C: England, South Africa, Samoa, Uruguay and Georgia
Pool D: New Zealand, Wales, Italy, Canada and Tonga

Knockdown tournament
New Zealand 29- 9 South Africa
Australia 33-16 Scotland
France 43-21 Ireland
England 28-17 Wales

Semifinal
Australia 22-10 New Zealand
England 24- 7 France

Bronze final
New Zealand 40-13 France

Final
England 20-17 Australia
Extended game

RWC2003logo.jpg

プールA:オーストラリア、アイルランド、アルゼンチン、ルーマニア、ナミビア
プールB:フランス、スコットランド、フィジー、アメリカ、日本
プールC:イングランド、南アフリカ、サモア、ウルグアイ、ジョージア
プールD:ニュージーランド、ウェールズ、イタリア、カナダ、トンガ

決勝トーナメント
ニュージーランド 29- 9 南アフリカ
オーストラリア 33-16 スコットランド
フランス 43-21 アイルランド
イングランド 28-17 ウェールズ

準決勝
オーストラリア 22-10 ニュージーランド
イングランド 24- 7 フランス

三位決定戦
ニュージーランド 40-13 フランス

決勝
イングランド 20-17 オーストラリア
延長戦
RWC2003 Martin Johnson.jpg
2003/10/10~2003/11/22

Guests: 1,837,547 people (38,282 people/game)
The most point get player: Jonny Wilkinson(EN), 113 points
The most of try get player: Doug Howlett(NZ) and Malili Muliaina(NZ), 7 tries
観客数:1,837,547人 (1試合平均38,282人)
最多得点:ジョニー・ウィルキンソン(イングランド)、113点
最多トライ:ダグ・ハウレット(ニュージーランド)、7トライ
ミルズ・ムリアイナ(ニュージーランド)、7トライ

About Japan
Head Coach: Shogo Mukai(Toshiba Fuchu)
Captain: Takuro Miuchi(NEC)
Pool B:
Loss 11-32 Scotland,
Loss 29-51 France,
Loss 31-41 Fiji,
Loss 26-39 USA
4losses, Japan could not close the world class by fast attacking rugby as became No.1 in Japan P to Go Toshiba Fuchu.

日本代表
向井昭吾監督(元東芝府中)、
箕内拓郎キャプテン(元NEC)
プールB:
● 11-32 スコットランド、
● 29-51 フランス、
● 13-41 フィジー、
● 26-39 アメリカ
の四敗、PからGoで東芝府中を日本一にした機動力で世界に挑んだが、世界との差は縮まらず。


Play back
1987
1991
1995
1999
2007
2011
2015

➜Go to 2019

スポンサーリンク



posted by RWC2019 at 16:58| Comment(0) | PLAY BACK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください