2017年06月24日

Rugby World Cup 1999 play back

The 4th. Rugby world cup played at Wales with home union(England, Scotland and Ireland) and France.
第四回のラグビー・ワールドカップラグビーはウェールズを中心に英国とフランスで開催されました。
England UK.jpg

20 team was entry by 3rd. rugby world cup result and elimination, the first stage played game divided 5pool, the knock down tournament by top of one team in each pool and the won team by playoff that is No.2 team in each pool in 4th. rugby world cup in 1999.
第四回ラグビー・ワールドカップから出場国が二十ヵ国に拡大されました。前回第三回大会の成績と予選を行い、二十カ国が出場しました。五つのプールに分かれて一次リーグ戦を行い、各プールの上位一チーム、各プールの二位同志とワイルドカード一チームによるプレー・オフにより決勝トーナメントが行われました。
Wales Flag.jpg
Rugby is very small number upset game. I surprised that France won against New Zealand All Blacks what have Jonah Lomu who was none stop running WTB by backside kick to his weakpoint. Australia Wallabies was first twice champion of the rugby world cup by moving ball to gap of defense with continuous attack.
ラグビーは番狂わせの少ないスポーツとして有名ですが、優勝候補筆頭のニュージーランド、オール・ブラックスが準決勝でのまさかの敗退に驚きました。前回の雪辱に燃える、圧倒的な突進力、怪物ウイングのジョナ・ロムーを擁する優勝候補筆頭のニュージーランド、オール・ブラックスを準決勝で弱点の後方へのキックを多用し世紀の番狂わせを演じたフランスでしたが、オーストラリア、ワラビーズが連続攻撃で出来た隙を突くラグビーで初の二回目の王者となりました。

Pool A: South Africa, Scotland, Uruguay and Spain
Pool B: New Zealand, England, Tonga and Italy
Pool C: France, Fiji, Canada and Namibia
Pool D: Wales, Samoa, Argentina and Japan
Pool E: Australia, Ireland, Romania and USA

Playoff
England 45–24 Fiji
Scotland 35–20 Samoa
Ireland 24–28 Argentina

Knockdown tournament
Australia 24- 9 Wales,
South Africa 44-21 England,
New Zealand 30-18 Scotland,
France 47-26 Argentina

Semifinal
Australia 27-21 South Africa,
France 43-31 New Zealand

Bronze final
South Africa 22-18 New Zealand

Final
Australia 35-12 France

RWC1999logo.jpg

プールA:南アフリカ、スコットランド、ウルグアイ、スペイン
プールB:ニュージーランド、イングランド、トンガ、イタリア
プールC:フランス、フィジー、カナダ、ナミビア
プールD:ウェールズ、サモア、アルゼンチン、日本
プールE:オーストラリア、アイルランド、ルーマニア、アメリカ

プレー・オフ
イングランド 45–24 フィジー
スコットランド 35–20 サモア
アイルランド 24–28 アルゼンチン

決勝トーナメント
オーストラリア 24- 9 ウェールズ、
南アフリカ 44-21 イングランド、
ニュージーランド 30-18 スコットランド
フランス 47-26 アルゼンチン
RWC1999 Stephen Larkham.jpg
準決勝
オーストラリア 27-21 南アフリカ
フランス 43-31 ニュージーランド

三位決定戦
南アフリカ 22-18 ニュージーランド

決勝
オーストラリア 35-12 フランス

1999/10/ 2~1999/11/ 6

Guest: 1,750,000 people(42,683 people/game)
The most poit get player: Gonzalo Quesada(AR)102 points
The most try et player : Jonah Lomu(NZ) 8tries
観客数:1,750,000人(1試合平均42,683人)
最多得点:ゴンサロ・ケサーダ(アルゼンチン)、102点
最多トライ:ジョナ・ロムー(ニュージーランド)、8トライ
1999 RWC.jpg

About Japan
Head Coach: Seiji Hirao(Kobe steel)
Captain: Andrew Mccomic(Toshiba Fuchu)
Pool D:
loss 9-43 Samoa,
loss 15-64 Wales,
loss 12-33 Argentina
3 losses, Japan challenged with Seiji Hirao who is likes as Ace card in Japan rugby, but world rugby go ahead than Japan, hard play and hard running by professional-ization and different of understanding international rules. The his innovation continue to now about making organization of Japan national team, Japan pride and foregin player joined the national team.
日本代表
平尾誠二監督(神戸製鋼)、
アンドリュー・マコーミック キャプテン(元東芝府中)
プールD:
● 9-43 サモア、
● 15-64 ウェールズ、
● 12-33 アルゼンチン
の三敗、満を持しての平尾監督体制で挑みましたが、プロ化が進み、ルールの解釈もあり、日本は世界から置いていかれた感がありました。今大会での結果は出ませんでしたが、日本代表から若手世代の代表の体系化や日本代表の価値観の向上、外国籍プレーヤーの積極採用など古い気質の日本ラグビー界を変革し、現在に根付いています


Play back
1987
1991
1995
2003
2007
2011
2015

➜Go to 2019

スポンサーリンク



posted by RWC2019 at 16:57| Comment(0) | PLAY BACK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください