2017年06月09日

Participating team 出場チーム

The participating team of Rugby World Cup 2019.
ラグビー・ワールドカップ2019の出場国です。

Rugby World Cup 2019 in Japan will again feature 20 teams. Twelve teams qualified directly by virtue of finishing in the top three of their respective pools at RWC 2015 in England. And the remaining eight places will be determined by a process of regional and cross-regional qualifiers.
前回優勝と開催国、前回大会の成績により上位12チームは出場、残り8チームは予選で決定します。

They are champions New Zealand, hosts Japan, Australia, Wales, England, South Africa, Scotland,Argentina, Georgia, Ireland, France and Italy.
前回の第七回ラグビー・ワールドカップ2015の優勝はニュージーランド、開催国の日本を含む上位12チームは、オーストラリア、ウェールズ、イングランド、南アフリカ、スコットランド、アルゼンチン、ジョージア、アイルランド、フランス、イタリアです。
Pool A 2015.jpg
Pool B 2015.jpg
Pool C 2015.jpg
Pool D 2015.jpg

The Regional Qualifying are Africa, Americas, Europe, Oceania and Asia. The participating team are from 1Africa, 2Americas, 1Europe, 2Oceanai, 1Europe/Oceania, and 1repechage.
残り8チームの予選は、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アジアの地域に分かれて行います。
アフリカ地区1枠、アメリカ地区2枠、ヨーロッパ地区1枠、オセアニア地区2枠、ヨーロッパ/オセアニア地区1枠、敗者復活戦1枠です。

One African qualifier: The winner of the Rugby Africa Championship will qualify for RWC2019. The runner-up qualifies for the repechage tournament – Africa 1
アフリカ地区(1枠:アフリカ地区1)2018年のアフリカカップ優勝チームがRWC2019に出場。2位は敗者復活最終予選に出場。 ※2018年のアフリカカップのゴールドカップにはナミビア、ケニア、ウガンダ、ジンバブエ、セネガル、チュニジアが出場予定です。
2019 Africa Qualifying.jpg

Two Americas qualifiers: Canada and USA will play home and away with the winner on aggregate qualifying for RWC 2019. The loser will play home and away against the top-ranked South American team (excluding Argentina) with the winner on aggregate qualifying for RWC 2019. The loser of this match qualifies for the repechage tournament – Americas 1 and 2
アメリカ地区(2枠:アメリカ地区1、アメリカ地区2) 2017年、カナダとアメリカがホーム&アウェー方式で対戦して、勝利チームが RWC2019に出場。敗退チームは2017年のアルゼンチンを除いた南米トップチームと、2018年に対戦して、勝利チームはRWC2019に出場。敗退は敗者復活最終予選に出場。 ※南米チームはウルグアイ、チリ、ブラジル、パラグアイ等が対戦中です。
2019 Americas Qualifying.jpg

One European qualifier: The highest-ranked team from the Rugby Europe Championship (excluding Georgia) will qualify – Europe 1
ヨーロッパ地区予選(1枠:ヨーロッパ地区1) 2018年のヨーロッパラグビーチャンピオンシップ(ヨーロッパ選手権)でジョージアを除いた最上位のチームはRWC2019に出場。ジョージアを除いた2位がヨーロッパ/オセアニアプレーオフ予選に出場。 ※2017年のヨーロッパラグビーチャンピオンシップにはジョージア、ルーマニア、スペイン、ロシア、ドイツ、ベルギーが出場しました。
2019 Europe Qualifying.jpg

Two Oceania qualifiers: Two teams to qualify for RWC 2019 from a Pacific Nations Cup played on a home and away basis over June 2016 and 2017 – Oceania 1 and 2

One Europe/Oceania play-off qualifier: The third place team from the Pacific Nations Cup will play a home and away play-off with the second-ranked team in the Rugby Europe Championship (excluding Georgia) with the winner on aggregate qualifying for RWC 2019. The loser will qualify for the repechage tournament – Play-off 1
オセアニア地区予選(2枠:オセアニア地区1、オセアニア地区2)2016年~2017年にわたって実施されるパシフィックネーションズカップ(フィジー、サモア、トンガ)の上位2チームがRWC2019に出場します。

3位はヨーロッパ/オセアニアプレーオフ予選に出場。ヨーロッパ/オセアニアプレーオフ予選(1枠:ヨーロッパ/オセアニアプレーオフ1) 2018年、ヨーロッパ地区予選2位チームと、パシフィックネーションズカップ3位チームが対戦。勝利チームがRWC2019に出場。敗退は敗者復活予選に出場です。
2019 Oceania Qualifying.jpg

Asia/Oceania play-off for repechage place: The highest-ranked team from the Asia Rugby Championship (excluding Japan) will play home and away against the winner of the Oceania Cup with the winner on aggregate qualifying for the repechage tournament
アジア/オセアニア地区のプレーオフ 2018年のアジアラグビーチャンピオンシップで日本を除いた最上位のチームが、ホーム&アウェー方式でオセアニアカップ優勝チームと対戦。 勝利チームは敗者復活最終予選に出場。 ※2017年のアジアラグビーチャンピオンシップには日本、香港、韓国が出場しました。
2019 Asia Qualifying.jpg

One repechage qualifier: The repechage tournament will feature four teams playing in a round-robin format with the winners qualifying for RWC 2019 – Repechage tournament
敗者復活予選(1枠:敗者復活予選優勝チーム) 各地区から敗者復活予選に出場する4チームが総当たり制で対戦。優勝チームがRWC2019に出場します。

スポンサーリンク



posted by RWC2019 at 21:38| Comment(0) | KNOWLEDGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください